Home ホーム

  • ホーム
  • ろ過膜洗浄・工場内備品洗浄にお困りの方へ

ろ過膜洗浄・工場内備品洗浄にお困りの方へ

弊社では、工場等で使用している膜や設備の洗浄を行っています。
医療分野で培ったノウハウを活かし、洗浄対象物の状況に応じて、効率的・経済的な洗浄方法をご提案いたします。
ご使用中の膜や設備を洗浄することで、長期的に使用してランニングコストの削減、環境資源の保護が期待できます。
まずはお気軽にご相談ください。

ろ過膜洗浄について

ろ過膜を継続的に使用していると、膜面上に汚れが付着し、流速損失、差圧の上昇、透過水の水質低下などの不具合が発生します。

ろ過膜に付着する主な汚れ

  • 炭酸カルシウムやシリカなどのスケール
  • 酸化鉄や酸化アルミニウム
  • 有機物、微生物、バイオフィルム
  • バイオファウリング主体汚染物

    バイオファウリング主体汚染物

  • 鉄・シリカ主体汚染物

    鉄・シリカ主体汚染物

  • シリカ・カルシウム主体汚染物

    シリカ・カルシウム主体汚染物

  • 鉄錆主体汚染物

    鉄錆主体汚染物

アムテックでは、このような汚れを除去するための洗浄剤のご提案やろ過膜をお預かりしての洗浄サービスを実施しています。

ろ過膜洗浄のメリット

  • ・コストの削減(膜交換頻度低減・廃棄コスト低減)
  • ・環境資源の保護

ろ過膜洗浄のご提案までの流れ

ろ過膜の使用状況確認

ろ過膜の使用状況を確認することで、より最適なご提案が可能になります。

ろ過膜をお預かりし、弊社で洗浄試験を実施

弊社にろ過膜をお送りいただき、社内で洗浄試験を実施します。

洗浄試験の結果をご報告(試験報告書ご提出)

所要期間はおよそ1カ月で、試験終了後にろ過膜のご返却と試験結果をレポートでご報告いたします。

洗浄したろ過膜をご返却し、評価を実施していただく。

弊社からの試験報告をご確認いただき、問題ないようでしたら現場でろ過膜の性能に関する評価を実施していただきます。

今後の洗浄に関する打ち合わせ

ろ過膜の現場評価に問題ないようでしたら、今後の洗浄対応に関する打ち合わせを実施いたします。

試験結果レポート例

試験結果レポート例

ろ過膜洗浄方法と実施例

洗浄方法は主に2つあります。

  • 現場洗浄:弊社から洗浄方法と使用する洗浄剤をご提案いたします。
  • 引き取り洗浄:定期的に弊社にろ過膜をお送りいただき、洗浄を実施します。

実績例

RO膜

原水:井水

飲料工場、食品工場、ショッピングセンター、病院、ホテル、半導体工場

原水:市水

飲料工場、ボトルウォーター製造

原水:工場排水・中水

MF/UF膜 除濁膜、プロセス用、回収用、製薬工場

洗浄実施例

洗浄対象 RO膜(用途:食品工場製造水、原水:井水) MF膜(用途:工業用水、原水:河川水)
汚染物成分 無機物 (Si,Fe,Ca,Mn,P,Mg,Al) シリカ、カルシウム、有機物
洗浄工程 MT-100 → サンフリーAM30 MT-100 → MT-100
テスト項目 洗浄前 洗浄後 洗浄前 洗浄後
透過水量(L/h) 42 410 142 997
対新品透過流量比(%) 10.3 100.4 14.2 99.7
脱塩率(%) 88.9 98.6
膜写真

膜面(入口側)

膜面(入口側)

 

 

関連製品ページへ

お問い合わせ

以下のお問い合わせページにアクセスいただき、必要事項等をご入力の上、送信願います。
担当者から折り返しご連絡いたします。

お問い合わせページ